検索
  • 原発事故被災動物と環境研究会

読売テレビかんさい情報ネットで取り上げられました


わたしたち研究会の活動にご参加いただいている、

研究会プロジェクトメンバー畜産農家の渡部 典一さん、

そして震災後より福島第一原発20キロ圏内にて調査・研究を行なっている本研究会の活動について取り上げていただきました。

▼読売テレビ かんさい情報ネット

2017年12月14日放送

原発事故…被ばくした動物と向き合う被災者

[選択] あの日を境に被ばくした牛はどこへ・・

福島では今も原発事故の影響を受けた動物と向き合う人がいます。

被ばくした動物をあえて生かし続ける人と、やむなく動物を駆除する人。

2人の姿を追いました。

http://www.ytv.co.jp/ten/feature/

目に見えない放射線被ばくも受けながらも、6年間牧場に通い続けられている渡部さんの想い、牛を活かす意味について語られています。

上記、番後ホームページ内でアーカイブ動画をご覧いただけます。

是非、ご覧ください。


33回の閲覧

最新記事

すべて表示

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)の蔓延に対応した今年度の研究会の活動について

全国にCOVID-19に関する緊急事態宣言が出されましたが、皆様、お変わりありませんでしょうか。 さて、この緊急事態において本研究会の活動も大きく制約を受けています。定期調査で現地入りする主力メンバーが所属する岩手大学では、すでに県外への出張(私的訪問も含む)が禁止されており、いつ解除になるか全く見通せません。北里大や東大などほかの大学も同様です。 そのため今年8月の開催を計画していたシンポジウム